ジェネリック薬品使用促進のアクションプログラム

ジェネリック薬品の使用促進のためのアクションプログラムを発表しました。

2012年度までにジェネリック薬品シェアを30%以上にするとの政府目標の実現を目指すもので、いつ、どんな取り組みを行うかを、メーカー側が達成すべき目標も併せて明示し、官民挙げて取り組むことになりました。


その中で、使用が進まない背景の一つといわれる医療現場での品質などの不安に対しては、今年度から注射剤に対する不純物試験などを実施する一方で、メーカーに対しても、無包装状態での安定性試験など、承認時には必要とされ試験の年度内の着手などを促し、製品の信頼性を高めます。


医療保険制度上の取り組みとして、処方せん様式の変更や薬局での在庫管理コストの評価などを検討課題に今年度中に決定します。

メーカー側の取り組み事項を含めて、進捗状況を国が定期的にチェック、必要に応じて追加的措置も検討し、目標の実現を図ります。


その中で、一部ジェネリック薬品で溶出性や血中濃度が先発品と異なったり、不純物量の違いがなど、製品に対する不安の声があることから、今年度から注射剤に対する不純物試験、品質に関する文献を踏まえた試験検査を実施します。


診療(調剤)報酬などによるさらなる使用促進策を求める声もありますが、アクションプログラムでは方針を示すにとどまりました。





HOME>> ジェネリック医薬品情報 >>ジェネリック薬品使用促進のアクションプログラム
posted by じぇねりっく at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジェネリック医薬品情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
↑↑ジェネリック医薬品 普及研究所のTOPにもどる↑↑

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。