大洋薬品工業と加山雄三

ジェネリック医薬品メーカーで大手と言えば、沢井製薬、東和薬品、大洋薬品工業が挙げられます。


2005年、大洋薬品が後発品販売で売上トップに立ちました。


CMに加山雄三を起用し、医療機関にポスターやチラシを多く配布してイメージアップ。

追補品も多く発売しました。



そして26日に発表された2006年3月期決算(単独)は、売上高が前期比16・6%増の291億円。

税引き後利益は同19・3%増の39億円で、ともに過去最高を記録しました。


後発医薬品直販部門は、前期より23億円の増収だったそうです。



ジェネリック医薬品が注目を浴びているのでかなりの追い風になっていますね。

設備投資の結果もあらわれています。




幸せだな〜。 v5_cut074.gif





HOME>> ジェネリック医薬品情報 >>大洋薬品工業と加山雄三
posted by じぇねりっく at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジェネリック医薬品情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
↑↑ジェネリック医薬品 普及研究所のTOPにもどる↑↑

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。